スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

がん検診を受けた話・2

前回の続き

産婦人科で乳がん検診を受け、
その後、乳腺外来を受診した話です。


興味がある方は続きから
先にがん検診を受けた話・1を読んでからお読みください。





待ちに待った乳腺外来受診日


先生は40代くらいの意外にも若い先生で、
気さくに話せそうな方でした。

婦人科での検査の一部始終を伝えたら、
「一か月前にマンモグラフィーをやっているなら、
今回は超音波検査だけでもいいかもしれない。
ただ、不安をよりクリアにするなら、
ここでもマンモをやっておきたい」
と言うので、乳腺外来でもマンモを撮ることにしました。


マンモを撮るのに廊下で順番を待っていたのですが、
「当院は最新のマンモグラフィーを導入しています」的なポスター?みたいなのが貼ってありました。

そこには、従来若い人ではしこりが見つけづらかったマンモですが、
今はだんだん若い人でも見つけられるような技術になってます的な謳い文句と、
悪性のときはこんな風にしこりが白く見える。
良性のときはこんな風にしこりが黒く見える。

というような感じで、写真付きで症例が載っていました。


婦人科で撮ったマンモに写っていたしこりは、
まさしくこのポスターの症例の悪性腫瘍と
同様の写り方をしていました。



絶望を感じました。


マンモの順番が来るまで10分くらい待ったと思いますが、
何をする気にもなれず、ただぼーっとしていました。

そこの病院では、マンモの結果はすぐに出ました。
呼ばれて部屋に入ると

これで石灰化してるって言われちゃったの?
石灰化なんてしてないし、
しこりも見当たらないんだよねー
とりあえずエコーやってみようか


と先生に言われました。


わけがわからないよ


エコーは、その先生とマンモを撮った技師さんなのか先生なのかわからない人と、
看護師さん?っぽい人の3人で見ていて、
専門用語で話していてよくわからなかったけど、
要するに何をどうやってもしこりが見つからない
という趣旨の話をしていました。


先生:どの辺にしこりがあった?

私:ここらへんと、ここらへんです

先生:大きさどれくらいだったか覚えてる?

私:こっちが6mmで、こっちが4mmだったと思います。

先生:うーん、でもなんにもないんだよねー

私:えええ…



以下要約

乳腺と乳腺の間には脂肪があるから、
それを線維腺腫を間違えちゃったのかな?
脂肪も線維腺腫もエコーでは黒く見えるし。
マンモでは確かにしこりは白く写るんだけど、
乳腺も同じように白く写るから、
たまたまそこだけ濃く写っちゃったってことかもしれない。
実際向こうで撮ったマンモを見ないと何とも言えないけどねー

乳腺において、マンモとエコーと触診の3つで言えば、
一番僕たちが信用しないのは触診
5mm程度のしこりはよほど皮膚の近くにない限り、
医者が触ってもわからない
そして、今撮ったマンモでは石灰化もしていないし、
しこりは確認できない
エコーでも何も見つからなかった



だから今日検査した限りでは、
僕は
異常なしと診断する


どちらを信じるかっていうのは難しいかもしれないけどね
ただ言いたいのは、
産婦人科というのはあくまでもメインは
お産やそれに関わる部分だと思うから、
乳腺のことまで専門的にやれるところっていうのは中々ね
そのための乳腺外来でもあるし
今日のこの結果を信じてほしいな


ということでした。



私は、産婦人科で
触ってみて嫌な感じはしないから大丈夫
石灰化してるけどまだ大丈夫

ってだけで詳しく調べずに終わったことに不安を感じ、
乳腺外来への受診を決めました。

乳腺外来の先生は、
私が産婦人科の検診の結果を説明し、
不安に思っていることを伝えると

あなたが今不安に思っていることを
ここで全部クリアにしよう


と言いました。

当然、不安を残して終わる先生より、
不安をなくしてくれる先生のほうが信頼できるので
私は乳腺外来での結果を信頼し、
今後は乳腺外来で検診をすることにしました。



もしこれから乳がん検診をしてみようと思う方は、
ぜひ乳腺外来で検診してほしいなと思い、
これを書きました。
中には紹介状がないとダメというところもあるかもしれないので、
一般向けに乳がん検診をやっているかどうか、
事前に調べてみたほうがいいと思います。

長くなりましたが、これで終わりです。
ROには関係のない話でしたが、
読んでいただいた方、ありがとうございました。
スポンサーサイト

テーマ : ラグナロクオンライン
ジャンル : オンラインゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

おうえんするボタン
FC2ブログランキングに参加しています!
クリックして応援していただけると励みになります。



画像はぽちこ様よりいただきました!
リンクについて
当blogのリンクはフリーですが、一言いただけると飛んで喜びます。
リンク
検索フォーム
QRコード
QR
注意事項
このページ内における「ラグナロクオンライン」から転載された全てのコンテンツの著作権につきましては、運営元であるガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社と開発元である株式会社Gravity並びに原作者であるリー・ミョンジン氏に帰属します。 © Gravity Co., Ltd. & LeeMyoungJin(studio DTDS) All rights reserved. © GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved. なお、当ページに掲載しているコンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。